平和記念公園【ゆうゆうひろしま】

平和記念公園

施設概要

平和記念公園は、世界に向けて人類の平和を願い訴える目的と過去の過ちを繰り返さないために、爆心地の近くに建設された公園です。

毎年8月6日には平和記念式典が開催され原爆が投下された午前8時15分には黙祷が捧げられる。

住所・問い合わせ

広島平和記念資料館
広島県広島市中区中島町1-2  電話:082-242-7798

営業時間・休園日

特に無いようです。(資料館は営業時間と休館日あり)

料 金

入場無料(平和記念資料館は有料)
一般の専用駐車場はありません。(周辺に有料駐車場あり)

詳しく見る

広島平和記念資料館のホームページ

備 考

施設状況や料金等は変わっている場合があります。お出かけ前に確認されることをおすすめします。

※ 写真クリックで拡大します(撮影日 2009/04/29)

元安川と原爆ドームの全景
元安川と原爆ドームの全景
元安川では、原爆の投下後に水をもとめて大勢の方が亡くなりました。

原爆ドーム

原爆ドーム

昭和20年8月6日 史上はじめての原子爆弾によって破壊された旧広島県産業奨励館の残骸である。
爆弾はこの建物のほぼ直上約600メートルの空中で爆発した。その1個の爆弾によって20万をこえる人々の生命が失われ、半径約2キロメートルに及ぶ市街地が廃墟と化した。
この悲痛な事実を後世に伝え人類の戒めとするため、国の内外の平和を願う多数の人々の寄金によって補強工事を施し、これを永久に保存する。

嵐の中の母子像平和の塔
原爆死没者慰霊碑

(左上)
嵐の中の母子像
「右手に乳飲み子を抱え、左手で幼児を背負おうとしながら前かがみ姿勢で生き抜こうとする母の姿を表す」と記されていました。

(左下)
平和の塔

(右上)
原爆死没者慰霊碑

動員学徒慰霊塔

動員学徒慰霊塔

動員学徒慰霊塔

動員学徒慰霊塔
第二次世界大戦中に動員され戦禍にたおれた学徒と、
原爆の犠牲者を含めた約1万人の学徒の霊を慰めるために建設されました。

原爆の子の像

各地から届けられた折り鶴

原爆の子の像
原爆で亡くなった多くの子どもたちの霊を慰めるために建設されました。
各地から届けられた折り鶴が納められています。

原爆供養塔
原爆供養塔

平和の鐘
平和の鐘

原爆ドーム前の噴水
原爆ドームの隣りにある噴水

公園内の遊歩道
公園内の遊歩道

平和記念資料館前の広場
平和記念資料館前の広場

遊覧船乗り場
遊覧船乗り場

オープンカフェ
元安橋前のオープンカフエ

公園内のハト
公園にはハトがたくさんいます

国立広島原爆死没者追悼平和祈念館

国立広島原爆死没者追悼平和記念館

国立広島原爆死没者追悼平和記念館

原爆の投下時刻を表したモニュメント

原爆死没者の尊い犠牲を銘記し追悼の意を表し、永遠の平和を祈念するため2002年8月に開館しました。
施設は地下1偕と地下2偕に別れています。
地上部には原爆の投下時刻ある「8時15分」を表したモニュメントがあります。

被爆後の街並み表現
平和記念・死没者追悼空間

被爆後の街並みを、昭和20年(1945年)末までの死没者数と同数の約14万個のタイルを用いてパノラマで表現してあります。

遺影コーナー
遺影コーナー

原爆死没者の氏名と写真(遺影)を公開しています。
検索装置でおひとりおひとりの写真(遺影)を閲覧することができます。